人気ブログランキング |

2019年 05月 15日 ( 1 )

20190426「ステップアップ講座・Word編 Ⅱ 」第10回報告

「ステップアップ講座・Word編」第10回の実施報告

日 時:2019年5月10日(金) 13:30~16:15
場 所:東部市民センター 集会室
講 師:伊藤 勉 さん
参加者:15名(受講者11名・講師・サポーター・世話人代行6名)

学習内容

 第5章 グラフや図解入りの資料
(前回からの続き)

 前回の勉強で難しかった表の計算設定のおさらいをした。

  表の計算(SUM及び四則演算)
   計算式のしくみ
   計算式を入れるセル
   計算の対象になるセル
   計算式の種類

 「列」または「行」のSUM計算式を設定する。

(1)合計(SUM)を出したい「セル番地」をクリック

(2)「レイアウト」タブ→「データ」上の「fx 計算式」クリック
  <参考>
   SUM:合計
    =SUM(LEFT) :左 (行/左のデータの合計)
    =SUM(RIGHT):右 (行/右のデータの合計)
    =SUM(ABOVE):上 (列/上のデータの合計)
    =SUM(BELOW):下 (列/下のデータの合計)
 注意
  ①計算するデータ数字は半角英数字を使う。全角数字は数字とは認識しない。
  ②項目が数字の場合、半角英数で入力すると項目の数値も計算してしまうので
   全角の数字で入力する。

 おさらいはここまで。


今回の学習内容
(1)比率の計算
  ①合計値の何%になるかの計算式を設定する。
  ②「合計値セル番地÷対象セル番地×100」
   という計算式を [比率セル] に入力。記入例「=B8/F8*100」
  <参考>
   ●四則演算記号(半角で表す)
     加算:+
     減算:?
     乗算:*(×は使えない)
     除算:/(÷は使えない)
   ●セル番地とは
   表組のセル番号 横方向に「A、B、C・・・」 縦方向に「1、2、3・・・」
   上記の記入例「=B8/F8*100」では
   「B8」は「B列8行」、「F8」は「F列8行」のセル番地になる。
  注意:結合されたセルがあるときは 結合されていないセルの部分で列記号・
     行番号で指定する。

(2)グラフの挿入
  ①「挿入」タブ→「図」の「グラフ」クリック
  ②グラフの挿入画面が開く→左欄の「円」を選択→円グラフが表示される→
   「OK」をクリック
  ③グラフスタイルが表示され、仮の売上高円グラフが表示される。
  ④目的の円グラフ作成の為に、各セルの数値を表を基に書き換える。

(4)グラフのタイトル・データラベルと凡例の挿入
   グラフを選択して「グラフツールのデザイン」タブにある「グラフ要素の
   追加」あるいはグラフの右側に表示される「要素」ボタンで設定する。

(5)その他「ページ罫線」等を設定をして完成
   ページ罫線は「デザイン」タブの「ページの背景」グループから設定する。

  出来上がりです
d0390045_12454550.jpg


報告:中嶋幹忠       





(0311)




by hanakonokai-02 | 2019-05-15 12:28 | 活動報告 | Comments(0)