人気ブログランキング |

20190426「ステップアップ講座・Word編 Ⅱ 」第10回報告

「ステップアップ講座・Word編」第10回の実施報告

日 時:2019年5月10日(金) 13:30~16:15
場 所:東部市民センター 集会室
講 師:伊藤 勉 さん
参加者:15名(受講者11名・講師・サポーター・世話人代行6名)

学習内容

 第5章 グラフや図解入りの資料
(前回からの続き)

 前回の勉強で難しかった表の計算設定のおさらいをした。

  表の計算(SUM及び四則演算)
   計算式のしくみ
   計算式を入れるセル
   計算の対象になるセル
   計算式の種類

 「列」または「行」のSUM計算式を設定する。

(1)合計(SUM)を出したい「セル番地」をクリック

(2)「レイアウト」タブ→「データ」上の「fx 計算式」クリック
  <参考>
   SUM:合計
    =SUM(LEFT) :左 (行/左のデータの合計)
    =SUM(RIGHT):右 (行/右のデータの合計)
    =SUM(ABOVE):上 (列/上のデータの合計)
    =SUM(BELOW):下 (列/下のデータの合計)
 注意
  ①計算するデータ数字は半角英数字を使う。全角数字は数字とは認識しない。
  ②項目が数字の場合、半角英数で入力すると項目の数値も計算してしまうので
   全角の数字で入力する。

 おさらいはここまで。


今回の学習内容
(1)比率の計算
  ①合計値の何%になるかの計算式を設定する。
  ②「合計値セル番地÷対象セル番地×100」
   という計算式を [比率セル] に入力。記入例「=B8/F8*100」
  <参考>
   ●四則演算記号(半角で表す)
     加算:+
     減算:?
     乗算:*(×は使えない)
     除算:/(÷は使えない)
   ●セル番地とは
   表組のセル番号 横方向に「A、B、C・・・」 縦方向に「1、2、3・・・」
   上記の記入例「=B8/F8*100」では
   「B8」は「B列8行」、「F8」は「F列8行」のセル番地になる。
  注意:結合されたセルがあるときは 結合されていないセルの部分で列記号・
     行番号で指定する。

(2)グラフの挿入
  ①「挿入」タブ→「図」の「グラフ」クリック
  ②グラフの挿入画面が開く→左欄の「円」を選択→円グラフが表示される→
   「OK」をクリック
  ③グラフスタイルが表示され、仮の売上高円グラフが表示される。
  ④目的の円グラフ作成の為に、各セルの数値を表を基に書き換える。

(4)グラフのタイトル・データラベルと凡例の挿入
   グラフを選択して「グラフツールのデザイン」タブにある「グラフ要素の
   追加」あるいはグラフの右側に表示される「要素」ボタンで設定する。

(5)その他「ページ罫線」等を設定をして完成
   ページ罫線は「デザイン」タブの「ページの背景」グループから設定する。

  出来上がりです
d0390045_12454550.jpg


報告:中嶋幹忠       





(0311)




# by hanakonokai-02 | 2019-05-15 12:28 | Comments(0)

20190426「ステップアップ講座・Word編 Ⅱ 」第9回報告

「ステップアップ講座・Word編」第9回

日 時:2019年4月26日(金)
場 所:東部市民センター 集会室
講 師:伊藤 勉 さん
参加者:15名(受講者8名・講師・サポーター・世話人代行7名)

学習内容
第5章 グラフや図解入りの資料

今日の課題
 2.SmartArt の挿入と文字入力
 (5)図形間に文字入れ(Windows OS の推移)と加工
   ・スマートアートの図の中央にテキストボックスを入れ
    Windows OS の推移を2行にして行間を固定値、20とし、
    段落前を0.5あけ、Windows を均等割り付け4.5で体裁を整える。
    線なしで色付をする。
 (6)図形“10 ”と “XP” の間の矢印を消す
   ・スマートアートのいらない矢印をクリック、塗りつぶしなしOKして消す
  ○スマートアートとテキストボックスをグループ化する。

 3.SmartArt の変更は 前回解説

 4.文章の入力
  ○長文を入れ一文字が次の行に回ってしまったときは、右インデントを右に
   ずらすと、1行におさめることができる。

 5.表の挿入、編集と文字入力
 (1)9行8列の表作成
   ・表の挿入9行6列
   ・行の追加や削除をやる
   ・セルの結合
   ・罫線の削除(消しゴムマーク)
   ・罫線の太さ デザインタブ1.5P「外枠」で太い罫線を作る。
   ・離れた行をコントロールキーを押しながらクリックして選択、色を付ける
   ・勉強会の文字は大文字、中央揃え
   ・美しの会から希望の会までを選んで均等割り付け
   ・数字のところは中央右そろえにする。半角英数で入力
   ・合計のところをクリック、Fx 計算式で SUM(LEFT)を確認,OK
    結果16が出る。それをコピー次の行に(元の書式を保持して貼り付け)で
    貼り付ける。全部16が入るがそれを選んでキーボード「f9」を押して
    計算式を更新する
   ・たての計算は合計をクリックまた fx 計算式で SUM(ABOVE)を確認
    してOKを押す。その文字をコピーして次の列に(元の書式を保持して貼り
    付け)で貼り付ける。同様にキーボードの「f9」をクリック。各セルの
    再計算結果が表示される。

 ○注意
  計算する数字は半角英数。そうしないと計算できない。
  項目が数字の場合、半角英数で入力すると項目の数値も計算してしまうので
  全角の数字で入力する。


 以上を 保存して終了
 次回は比率計算から・・・

 以上。

 次回は 5月10日(金)13:30~ 東部市民センター


                            報告:桑原 宣子





(0298)   

# by hanakonokai-02 | 2019-04-29 22:59 | Comments(0)

20190412「ステップアップ講座・Word編 Ⅱ 」第8回報告

花小の会「ステップアップ講座・Word編(Ⅱ)」第8回

日時:2019年4月12日(金)午後1時30分~4時15分
場所:東部市民センター 集会室
講師:伊藤 勉さん
出席者:16名(受講者8名・講師・サポーター・世話人代行8名)

【学習内容】

第4章 段組みのニュースレター

 6.「シニアウォーク」記事の入力
   配付資料の記事文章から 該当箇所をコピーして貼り付ける場合に 貼り付け
   のオプションで「テキストのみ保持(T)」を選択すると 貼り付け先の書式
   設定が適用される。(元文書のフォントの種類やサイズが貼り付け先の書式と
   異なる場合には便利)
   見出しと本文の行間は「ホーム」タブ内の「段落」グループの「拡張ボタン」
   をクリックして「段落」ウインドを表示して 「間隔」項目で設定・調整する。
   挿入した地図と本文の間隔は「地図」を選択して「図ツール・書式」タブ内の
   「位置」「文字列の折り返し」「サイズ」の「その他のレイアウトオプション」
   から「レイアウト」ウインドで設定できる。
   日付は半角で入力して「ホーム」タブ内の「段落」グループにある「拡張書式」
   から「縦中横」を設定する。

 7.「秋の懇親会」の記事の入力
   本項目では「ドロップキャップ」の設定を行なった。
   「挿入」タブ内の「テキスト」グループにある「ドロップキャップ」コマンド
   で設定する。

 8.「Windows10 講習会」
   テキストにある本項目は挿入箇所の関係で省略

 9.「デジカメ同好会」記事の入力
   配布資料から文章のコピー&ペースト 写真の挿入は上記と同じ作業。

10.段間の線を消去する
   「レイアウト」タブ内の「ページ設定」グループにある「段組み」から「詳細
   設定(A)」をクリックする。
   ポップアップウインドの「境界線を引く(B)」のチェックを外す。

以上で「段組みのニュースレター」は完成したので保存してワードを終了させた。

引き続き 「第5章 グラフや図解入りの資料」作成を行なった。

 1.見出し行の文章修飾
   文字修飾の内容は異なるが いままでの学習内容と同様に操作を行なった。

 2.SmartArt の挿入と文字入力
   「挿入」タブ内の「図」グループで「SmartArt」を選択「Smart
   Artグラフィックの選択」→「循環」→「基本の循環」を選択
   図形中に入れる文字列は 図中に直接入力する方法と 「SmartArt
   ツール」の「デザイン」リボンから「テキストウインドウ」をクリックして
   ウインド内に入力する方法がある。
   図形の追加は テキストウインドウの項目を選択して「Enter」キーを
   押すと 選択項目の次に新しい「図形」が作られる。

以上を保存してワードを終了させた。



  次回は 4月26日(金)1時30分~4時まで
      東部市民センター 集会室


                          報告担当:荒井 完兒




(0284)

# by hanakonokai-02 | 2019-04-20 15:39 | Comments(0)

20190322「ステップアップ講座・Word編 Ⅱ 」第7回報告

「ステップアップ講座・Word編 Ⅱ 」第7回

場 所 : 鈴木公民館
日 時 : 2019年3月22日(金)
講 師 : 伊藤 勉さん
受講者 :9名   サポーター7名(世話人代行、講師含む)


始めに世話人代行の松本誠治さんより2件の報告
1.出来るん展のお礼。出来るん展の事はKSNCのホームページから「活動報告」
  にアクセスして閲覧出来る。
2.2018年9月以降、Outlook に 以前のメールや アドレスがなくなったり 
  メールが受信できないような不具合が出ている。
  3月20日にも KSNCグループメールが配信されているので 受信できて
  いない方はメーラーの不具合を疑ってほしい。


【学習内容】
テキストに入る前に、画像をA4一面一杯に取り入れる方法の説明。

A4版は 210mm×297mmで 普通のPC画面の解像度(96dpi)では
792px×1120pxの画像サイズに該当している。
このサイズよりかなり小さな画像を 画面一杯に拡大すると「ボケ」が目立つ。
むしろこのサイズより大きな画像を貼り付けて トリミングをしたり 縮小したり
するといい。
トリミングは 画像を選択して図ツール「書式」タブをクリック後「サイズ」グ
ループの「トリミング」で行なう。

第4章 段組みのニュースレター「KSNC通信」
 ○5段組みの設定  
  1.レイアウト余白:上5mm 下5mm 左右8mm→ 印刷の向き 縦 →
     文字列を縦にする 行数指定 レ (37)  順序を守る。
  2.ページレイアウトの段組みをクリックして詳細設定。
  3.ポップアップメニューから5段を1段目を狭く、境界線を引くにチェック 
     境界線は 段組みが設定されても画面上には表示されない。ENTERを押し
     続けると境界線が表示される。
 ○記事の入力
  4.1段目タイトル、発行、日時等の挿入
     黒塗りのひし形「◆」の出し方。“しかく“と文字入力するとでる。
     またはIMEパッドを開き手書きでひし形を書く
  5.メールアドレスにアンダーラインがつく。これを消したいときは
     アンダーラインの所を右クリック。「ハイパーリンクの削除」を
     クリックすると消える。  
  6.2段目3段目に縦長の縦書きテキストボックスを作り見出しをいれる。
  7.本文に記事の挿入
     縦書き文書で半角文字を入れると回転してしまうが 「ホーム」タブの
     「段落」グループにある「拡張書式」の「縦中横」で 10月23日の10と23
     および in を横書きにする。
  8.かこみ記事を揃える
     縦書き本文の中に「横書き」テキストボックスを挿入する。
     見栄えの悪い時はインデントで揃えるとよい。


 ここまでを各自保存して終了

 次回は4月12日 於 東部地区センター

                           報告者:野口都美子



(0272)

# by hanakonokai-02 | 2019-03-25 13:38 | 活動報告 | Comments(0)

20190308「ステップアップ講座・Word編(Ⅱ)」第6回報告


「ステップアップ講座・Word編(Ⅱ)」第6回

日時:2019年3月8日(金)午後1時30分~4時15分
場所:東部市民センター 集会室
講師:伊藤 勉さん
出席者:17名(受講者10名・講師・サポーター・世話人代行7名)

世話人代行の松本さんよりできるん展のお知らせがあった

【学習内容】
第3章透明の表を使ったメニュー

 1.ページ設定から:余白の設定:上20mm 下16mm 左右とも16mm
           印刷の向き:縦
   ※全ページにわたって改行しておく。
 2.タイトルを入力し、文字列を選択、フォント:HGP創英角ポップ体
   文字の大きさ;28pt 色:濃い青色 太字にする。
 3.文字を光彩で修飾する
   ホーム→文字の効果と体裁→光彩→光彩のオプションをクリックする。
   文字列を選択し、文字の効果の設定をする。
   色:薄青色 サイズ:15pt 透明度:50%
   文字列を中央揃えにする。
   ※文字列の装飾は枠線を付けたり、影を付けたり、光彩を付けたり、グラ
    デーションで彩ったりすることが出来るが、ワードアートのような変形
    はできない。
 4.挿入の表から2列3行の表を作成する。表を選択し、表ツールのレイアウト
   から、高さを75mmと入力 エンターキーを押す各行の高さが75mmの表に
   なる。
 5.表の列1行にムニエルの写真を挿入し、大きさと位置を調整、図のスタイル
   から好みのスタイルにする。
   列2行に説明書きを入力、フォント:HGP創英角ホップ体 大きさ:14pt
   中央揃
 6.1行目を選択し、コピー2行目を選択貼り付けする。1行目と同じ内容が
   コピーされる。
   2行目の写真をクリック図ツール→書式→図の変更→ファイル→参照をク
   リックする。
   ファイルを選択する画面が表示、ラムチョップをダブルクリックすると写真が
   置き換わる。
   3行目も同様の操作で写真と文章を変更する。
 7.表全体を選択し罫線→罫線なしにする。
 8.テキストボックスで文章を入力し、塗りつぶしなし、枠線なしにする。
 9.背景を図に変更する。
   ※背景に写真を入れる場合は小さいサイズの写真を拡大するとボケるので大き
    いサイズを選ぶ。(A4版は 793px × 1122pxに相当する。)
    又大きいサイズで入れた場合桜が消えてしまうので、ペイントで縮小、サイ
    ズ変更で行う。


  次回は 3月22日(金)1時30分~4時
      鈴木公民館 講座室


                          報告担当:永井 敏子





(0255)

# by hanakonokai-02 | 2019-03-10 00:30 | Comments(0)